お問合せ

当サイトを閲覧くださいまして、誠にありがとうございます。

カウンセリングを受けようか、やめようか、迷いますよね。

当サイトを読むだけでも、時間が取られてしまい、更に選択に迷うとなると、お客様の人生の大切な一日が、今日も何も変化のない一日となってしまいます。

 

どうしたらいいのかわからない、お困りのことがことがございましたら、安心してお問い合わせください。

 

たった一通のお問い合わせも、自分を楽にしよう、いい人生にしようとする自分を愛することの第一歩だと私は思います。

些細な心配事でも、どんなことでもお気軽にお問合せください。

 

 

よくあるご質問に対する答え

Q.「◯◯症状、◯◯状況なのですが、どうしたらいいでしょうか?ご相談できますか?」といった対応可能かどうかについてのお問合せについて

A.精神科、心療内科といった投薬治療を受けている方、受けたけれど改善がなかった、初めて受ける方にとって、MentalSpotが自分の状態や症状に対応できるかどうかご心配になると思います。研究され構築された心理学の理論、精神医学の理論も重要かもしれません。けれども、自分の状態や症状の答えは、お問合せ頂いたご相談者様の中にしかありません。その答えを探すためにどのように行動するかです。心身や生活(人生)の不調の原因と結果が、過去の選択から来ていることを理解して、今まで抱えてきた不調を改善し、選択し直したいと思っている方のためのカウンセリングです。症状や状態が対応可能なものなのか、対応できないものかは、お問合せいただかないとわかりません。ご自分の状態や症状、そこに至るまでの状況は、お問合せ時に記載いただいても大丈夫です。他のカウンセリングと比較している状況の方でもけっこうです。安心してお問合せください。

 

Q.ご家族のご相談についてのお問合せについて

A.ご家族からのお問合せの場合、緊急性が高いと思われます。ご本人様自体が自分の状態を把握できていなかったり、自分からどうすることもできない心理状態である場合があるからです。その場合、お問合せ内容に応じて、可能な範囲内で必要だと考えられることを情報提供させていただきます。これは、御本人様自身がカウンセリングを受けるお気持ちになれるかがわからないこと。家族内の関係性が変化すればご本人様の変化のきっかけになる場合があること。ご家族様が他のカウンセリングと比較して検討するためなどの理由からです。またご家族様からのご相談の場合、ご本人様のコミット力が弱まること(カウンセリングの効果がでにくいこともある)からです。

 

Q.カウンセリング内容についてのお問合せについて

A.MentalSpotでは、心理学、生理学、脳科学などに加えて、エネルギー領域に及んだカウンセリングを行います。リバレーションカウンセリングは、エネルギー領域の問題を特定し働きかけます。ご自身で問題だと思っている悩みの背景にある潜在的な問題を判断するために用います。エネルギーに働きかけることによって意識領域の流れを緩やかに調整し、変わる力を後押しします。通常のカウンセリングは、お客様の過去、現在、未来をお客様のペースで自己開示をし課題となっているものに向き合っていく作業や心のトレーニングが主になります。感覚的なことに問題をお持ちの方は、いくら頭で考えたり、答えを探そうとしても上手くいかない場合がございます。その場合、心と身体とを感覚を再取得すること、感覚に繋がり、感じれるようにすることも大切になっていきます。心の問題が整理できたのに、また数年たって問題を抱える場合、自分の感覚が麻痺していたり、喪失していたり、感覚が育てられていない場合もございます。

※エネルギー領域については日本ではまだまだ認知されてはいません。アメリカ、ドイツ、ロシアなどでは研究は行われております。日本の医師の中にも、瞑想、ヨガ、チャクラに関する研究を行い、取り入れている方も少数ですがいらっしゃいます。日本発祥のエネルギー療法としてREIKI(レイキ)が世界的に有名です。レイキも取り入れていますが、私が行うリバレーションカウンセリングは、感覚を取り戻すために自分自身の心と感覚にアプローチし、体感を育てることも含めてセッションするところにあります。

カウンセラーとの相性、カウンセリング内容、現在の状況とカウンセリングの方向性については、通常カウンセリング、リバレーションカウンセリングのどちらかを希望する場合でも、お試しセッションをご利用いただき、他のカウンセラーと比較してご検討していただきたいと思います。

 

Q.カウンセリングを受けるとどうなるんですか?というお問合せについて

効果や結果は、ご相談者様の抱えてきた問題、年数、現在の状況で変わりますので、何をどれだけしたらどういう状態になるのかを、一概にお答えすることはできません。一つ言えることは、心理的な課題を克服し、生きることは可能だということです。実は、心の問題が強く現れている時は、成長欲求や「このままでは」といった気持ちが強くなっている時でもあります。ただ人は、隠しておきたいこと、言いたくても言えないこと、苦しくてもその状況に何らかのメリットがある場合、リスクと変化に対して回避行動を取りたくなってしまいます。放置しておくと、人生に不調が起きる可能性があります。心の問題レベルの段階で相談するか、人生の問題が起きてしまってから相談するかでは、立て直すためにつかう時間と労力とお金に違いが出てしまいます。私が他のカウンセラーと異なる手法を使ってカウンセリングを行うのは、時間・労力・お金を大事にしたいからです。