Daily Archive 2019年5月5日

カウンセリングとエネルギー領域

いつも不安やストレスを抱えている。

人を愛することに臆病になっている。

自分に自信を持てずにいる。

 

このような状態を、自分の過去や性格のせいにして、自己攻撃をやめられない悪循環の方がいます。

こうした悩みの原因には、実はエネルギーブロックの問題が隠れているんです。

 

エネルギーブロックと聞いて皆さんはどんなことを連想されるでしょうか?

 

私達の身体は、目に見える肉体領域だけで成り立つのではなく、微細なエネルギーでできたサトルボディーというエネルギー領域があります。人の存在の在り方を変えるのは、肉体ではなく、このエネルギー領域によるものです。

そのエネルギー領域において、人間の在り方に大きく関与する部分がエネルギーセンターであるチャクラです。チャクラのエネルギーの取り込み状態によって人の考え、思い、心理状態が変化してきます。このエネルギー領域は自分で認知することがなかなかしにくい領域です。

禁止・制限や固定観念も心のブロックではありますが、エネルギーブロックはホルモン、感情、生き方・在り方に影響をあたえます。

 

MentalSpotのカウンセリングでは、チャクラの状態もカウンセリングや状態の改善に取り入れています。

人は社会的に生きるために必要な考えや固定観念、防衛機制からくる心理パターンを使いながら適応しています。そうしたものは話の中に、考えたこととして語られ実際の本音は違っていたりします。

エネルギーセンターのチャクラは、本人の考えと思い、そして魂レベルでの一致があるときによく活性化します。良好なエネルギー循環が行われている状態です。考えだけで本心でない場合はそれ相応の反応になることがわかっています。

考えと思いの一致、不一致がわかるので、自分本来の真実にたどり着きやすくなります。

感情労働、自己犠牲の精神、ストレス社会の日本の中で、自分の生活の生産性、社会貢献の生産性を維持し高めるために、エネルギーケアは自分の潜在的な意識状態、ニーズ、可能性を浮かび上がらせてくれます。

カウンセリングは心の問題、症状の改善に有効なだけでなく、自分のライフビジョン、ミッションを明確にし、取り組むことに力を与えます。一人では気づけない問題がわかるから、それに関連した悩みや課題もクリアになっていきます。