Daily Archive 2019年5月7日

生と性とエネルギー

性的興奮、恋愛感情、生きることと性。

身体のどこのエネルギーが活性化するか、チャクラのエネルギー流動・移動はどのようなものか?

個人差はありますが、どれも同じ流れがおこるわけではありません。

そして、性癖、妄想、想像、空想、こうしたものは、実際の自分の潜在意識と観念に障害があるからバランスを取るためにその力が使われていることが多いです。家庭や一般社会、教育内容で性的な知識・教育が表面的で質が低いことも問題です。

性的なエネルギーは第一チャクラに強い活性と充満が起こります。これは、グラウディング力とも深く関わります。自分の人生を着々と積み重ねたり、安定した生活をしたり、生命力感溢れた生き方をする時、グラウディングが大切になります。理想を現実化していくためにはなくてはならないことです。

性的な対象に対して性欲が起こった時、第1チャクラと第2チャクラ背面にエネルギー集まります。性欲としっかり生きることはとても大切なことで、生きることに性エネルギーは必要です。

 

グラウディングとは、「地に足をついて生きる」ことを意味します。

グラウディングがしっかりできるようになると、

1.理想を現実化する効果

2.自分の意志が生まれ、自分の意志で決断することができる

3.達成感や充実感、安定感を感じることができる

4.継続力がうまれる、粘り強さ

5.健康の基盤

6.経済的な安定をもたらす

などが効果としてきたいできます。

 

第1チャクラは、このグラウディングに影響が深いです。

第1チャクラに障害があると次のような傾向がみられます。

◯帰属感を持ちにくい。どこへ行っても孤独だと感じる。

◯人生がどうでもいいように感じてしまう。死にたいといった衝動も沸き起こる。

◯セックスについて問題をもちやすい

◯受胎から5歳くらいまでの間にアクシデントを経験した

◯不安感が強い。衝動買いやお金との付き合い方に問題がある

◯疲労感、疲れやすい、パワー不足

◯下肢の問題、痔や便秘症状が起こりやすい

チャクラの障害が、自分の知らないところで、自分の心理や生活、人生レベルにまで実は関与しています。

MentalSpotでは、ゆっくりじっくりとお話を伺いながら、チャクラのエネルギー診断、カウンセリングを受けなくてもセルフコントロールのための感覚トレーニングも行いながら改善に一緒に取り組んでいきます。

自分のチャクラや、エネルギーの問題、自分の個性や人生の可能性に関心があるかたは、1度カウンセリングを受けてみると、新たな視点で自己理解がふかまります。

 

正しい時、正しい場所。最適なタイミング。

自分の心に問題や課題があるのかないのか。私達の身体は、心の声を症状としてサインをだしています。

身体や精神的な症状に耳を傾ける時。更なる成長の旅があなたを待っています。

あなたがどんなに問題を避けようとしても、本当の痛みを隠して状況をコントロールしようとしても、カウンセリングによって解されていくプロセスの中で、必要なところに、必要な時に起こります。

 

心の問題は、目に見えない分、次々に傷を深めてしまうことがあります。実は何度と訪れる不運は、あなたに気付いてほしい自分から意図したことです。

 

私達の身体には、ホメオスタシスという恒常性機能によって生命活動は一定にコントロールされています。けれどもストレスを長期間・強度のストレスを突発的に感じると、自律神経がそ影響を受け、内分泌ホルモンが乱れ内蔵にも影響を与えます。眠る、泣く、怒る、セックスをする、人生の伴侶の選択、性的指向、逃げる、か弱い者を守る、など私達の行為の殆どはホルモンが根底にあります。このホルモンは感情とも関連が深く、チャクラとも相互作用しています。身体症状に西洋医学的な対処療法ももちろん必要なことですが、投薬を継続するだけで果たして人間の思い癖、観念、価値基準、トラウマ、付随する制限が薄れていくでしょうか?

例えば、親の養育態度が本人にとって不適切で心に傷を持ちながら成長したとします。実際コミュニケーション能力が潜在的に高かったが、親密になることの恐れ、見捨てられ不安、もう二度と傷つかないための戦略を持ち、能力に抑圧がかかっていたら、関連する心と身体の部位に症状として現れます。

幼少期の親との関係性から生まれた制限をベースにいきてしまったら、本来の本質に合ったセルフイメージを持つことが出来ずに、経験できるはずの機会までも逃してしまい、生きるはずの人生の方向性が間違っていることもあります。

その軌道修正のサインとして生活の中に

1.繰り返し似たような状況を経験する

2.何度も同じことを繰り返してしまう

3.優柔不断で決められない

4.心体に症状があり、慢性的にある

5.何決めたことに取り組みはじめても長続きしない

こうした特徴があります。