正しい時、正しい場所。最適なタイミング。

正しい時、正しい場所。最適なタイミング。

自分の心に問題や課題があるのかないのか。私達の身体は、心の声を症状としてサインをだしています。

身体や精神的な症状に耳を傾ける時。更なる成長の旅があなたを待っています。

あなたがどんなに問題を避けようとしても、本当の痛みを隠して状況をコントロールしようとしても、カウンセリングによって解されていくプロセスの中で、必要なところに、必要な時に起こります。

 

心の問題は、目に見えない分、次々に傷を深めてしまうことがあります。実は何度と訪れる不運は、あなたに気付いてほしい自分から意図したことです。

 

私達の身体には、ホメオスタシスという恒常性機能によって生命活動は一定にコントロールされています。けれどもストレスを長期間・強度のストレスを突発的に感じると、自律神経がそ影響を受け、内分泌ホルモンが乱れ内蔵にも影響を与えます。眠る、泣く、怒る、セックスをする、人生の伴侶の選択、性的指向、逃げる、か弱い者を守る、など私達の行為の殆どはホルモンが根底にあります。このホルモンは感情とも関連が深く、チャクラとも相互作用しています。身体症状に西洋医学的な対処療法ももちろん必要なことですが、投薬を継続するだけで果たして人間の思い癖、観念、価値基準、トラウマ、付随する制限が薄れていくでしょうか?

例えば、親の養育態度が本人にとって不適切で心に傷を持ちながら成長したとします。実際コミュニケーション能力が潜在的に高かったが、親密になることの恐れ、見捨てられ不安、もう二度と傷つかないための戦略を持ち、能力に抑圧がかかっていたら、関連する心と身体の部位に症状として現れます。

幼少期の親との関係性から生まれた制限をベースにいきてしまったら、本来の本質に合ったセルフイメージを持つことが出来ずに、経験できるはずの機会までも逃してしまい、生きるはずの人生の方向性が間違っていることもあります。

その軌道修正のサインとして生活の中に

1.繰り返し似たような状況を経験する

2.何度も同じことを繰り返してしまう

3.優柔不断で決められない

4.心体に症状があり、慢性的にある

5.何決めたことに取り組みはじめても長続きしない

こうした特徴があります。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です